■■ 庭猫日記

niwaneko.exblog.jp

庭育ち姉妹猫の日常。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

病院へ

d0010566_16455279.jpg
苦しそうなクロにカメラを向けることができなかったので、今回の写真も元気な時のクロの写真です。
カリカリでは食べたりずまだ欲しいとドアを見つめる元気なクロの横顔。

さて開院時間に合わせて朝いちで動物病院に行ってきました。

朝母から「今クロが庭にいるから」と出がけに聞いて、慌てて庭に向かうと砂利の上にかろうじて座りながらうつろな目でこちらを見つめているクロがいました。
トイレをしにここまで歩いてきたんだろうか・・そのただならぬ様子から、ただ食べない飲まない・・って問題じゃなく、これはもうかなりやばいんでは?と感じとった私です。

案の上、クロに近寄ってみると目の瞬膜は出たままになって全部が黒目状態。足に踏んばる力がなくて爪も引っ込められない、も〜これはこのまま外に出しておくわけにはいかないので、クロを初めて抱きかかえて(もう抵抗もしません)家の中へ。
うわぁ・・クロぉ気付かない間にこんなに骨くっきりになっちゃって(泣)
まだ開院時間まで1時間半ほどあるので、ヒーターをつけたキッチンにクロを置いて、取り合えすは急いで自分の身支度を済ませました。

つづき・・
[PR]
# by kyos_cats | 2005-03-10 16:44 | ★ 兄猫クロの看病日記

心配です

d0010566_1633379.jpgクロの調子がかなり悪いようです。
メインサイトの猫のページに載せようかと思いましたが、今日は何をおいてもクロのことしか浮かんでこないので、今日はここに。
さすがに今のクロにカメラを向けるのは可哀想な気がして写真は元気な時のクロです。

数日前から風邪を引いてるらしく鼻水が出るようでした。クロの手がいつも濡れてたので出てくる鼻水を耐えきれずに拭っていたんでしょう。そのうちくしゃみも頻繁にするようになってきました。
普段なら鼻水が出ようがくしゃみをしようが食欲は相変わらずで、そのうち自然に治っていくようだったのですが、今回は2日ほど前から全く食欲がなく朝遅くまで寝ていることが多くなったのです。
昨日の朝、ひなたぼっこに庭に出てきたクロでしたが、膿状鼻水がひどく器官を通ってくるのか口の中まであふれてくるようで苦しそうでした。
(これはかなり心配な状況だなぁ・・・)

つづき・・・
[PR]
# by kyos_cats | 2005-03-09 16:32 | ★ 兄猫クロの看病日記

庭猫たちの紹介です

初めての飼い猫、つまり庭猫のパパ猫(初代・クロ)の子供たちで、赤ちゃん猫時代(1997年春頃〜)からうちの庭を離れずそのまま住み着いてしまった子猫達。
もう一匹、下のクロと一緒の時期に生まれたオスの兄弟猫・腹白のキジ猫(トラ)がいましたが、1歳の発情期に猫を追いかけ家の前の道路に飛び出し、車に跳ねられて天使になりました。
以来、この3匹が庭内を寝城にし、8年近く平和気ままに暮らしていましたが、2005.3/14、オスのクロが8歳の誕生日を迎える2ヶ月前に風邪をこじらせたのが原因で看病の甲斐なく亡くなってしまいました。
残されたメス2匹は微妙な距離を保ちながら庭生活を続けています。

d0010566_21594226.jpg
クロ オス・1997年5月生まれ(推定)

2匹のメス猫たちの兄貴兼親代わり。
のんびりおっとりした大人しく気の優しい猫でした。

(2005.3/14 天使になりました)




ちび太 メス・1997年11月5日庭で発見
(ピーと姉妹)

少し気性の荒いところがあるが、甘えたがりで焼きもちやき。
赤ちゃん猫時代から管理人には一番懐いている。

(2006.2/6 天使になりました)




ピー メス・1997年11月5日庭で発見
(ちび太と姉妹)

心ない人間にいたずらをされたことがあり、子猫の時から臆病で気が小さく未だに人慣れしていない。クロの風邪をもらい看病後それまできちんと出なかった鳴き声が出てよく鳴くようになりました。
[PR]
# by kyos_cats | 2005-03-02 21:58 | ★ 庭猫たちのプロフィール

はじめに (猫との出会い)

もう10年以上も前になります。

1匹の老いたオスの黒猫がうちの庭に顔を見せるようになりました。その猫は当時パートに出ていた母の帰りを毎日玄関先で待つようになり、母がご飯をあげ、この年の冬、外は老いた体にはさぞ堪えるだろうと猫を家の中に入れてあげたことがきっかけとなりうちの飼い猫となりました。

初めての猫でわからないことだらけでしたが、前に人間に飼われていたことがあったらしく大人しく聞き分けのいい子で、近所の猫好きさんをはじめみんなに可愛がられました。残念ながら既にうちに来た時には腎臓がかなり悪くなっていて、お医者さまからも長くは生きられないと言われていましたが、それでも何年かは元気でいてくれ、その間に外で作った子供たちの何匹かがうちの庭の中で住み着くようになっていったのです・・

いろんな子がうちの庭で生活していましたが、その中でも長く元気で居てくれたのがこれからここで紹介していくオス1匹(8歳)とメス2匹(7歳半)の計3匹の猫たちです。

残念ながらオス猫のクロが、つい先日(3/14)風邪をこじらせ亡くなってしまいました。
クロの看病日記を当時管理人のプライベートブログに掲載していましたが、改めてこちらに再掲載しました。(その時頂いていたコメントは別ブログの方で御覧になれます)
ブログスタートから悲しいお話になってしまいますが、この子のこの件を抜きにしては始められなかったので、忘れないためにもここに掲載しました。

頼れる兄貴的存在だったクロがいないのは本当に淋しいけれど、残ったメスたちは元気に生活を続けています。彼女らも今年で8歳なのでもう決して若くはありませんが、亡くなったクロの分までこの先も長く、元気な日常を送っている姿を紹介していければいいなぁ・・と心から願って。  " I LOVE CATS !! "
[PR]
# by kyos_cats | 2005-03-01 13:14 | ★ はじめに/猫との出会い