■■ 庭猫日記

niwaneko.exblog.jp

庭育ち姉妹猫の日常。
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル

<   2005年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ごゆっくりどうぞ

猫用サンルームでおくつろぎ中のピーさま、おやつのかつお節をお持ちしましたが?
d0010566_16502348.jpg
んじゃ、そこ置いたら管理人はとっとと下がってよし
d0010566_17122619.jpg
管理人がサンルームから離れるのを確認した後。ゆ〜っくりと食べ始めるピーさま。
看病後、ついつい甘やかし状態が続いております。
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-31 17:04

姉妹猫なのに微妙な上下関係?

ご飯をあげる時間になると、猫たちが近くにいるかを見にまず庭に出ます。
ドアの開く音と人間の顔を見て一番に駆け寄って来るのは、ちび太。

さてピーは?・・と注意深く見返すと植木の影に隠れながらこっちを見ています。
先に食べているちび太に遠慮してるのと、やっぱりまだ少し人間を警戒してて私たち(人間)がその場を離れないと食べに来ないピー。
ちび太は先に食べ終わりのんびり日向ぼっこ・・
でもピーが食べてる気配を感じるとちゃんとチェック。
d0010566_21295455.jpg
そしてピーが食べ終わった頃「も少し食べとこ」と再度食べに行くちび太。
d0010566_2130854.jpg
ほかの野良ちゃんたちが食べにくるといけないので食べ終えたらすぐ片づけたいのですが、ほんと猫って一度に食べてくれないんですよねぇ。
亡くなったクロは猫缶の方が好きでカリカリだけだと絶対に満足してくれなかったけど、メスたちはカリカリだけでも嫌がらずいっぱい食べてくれるんでそこは有り難いですけどね。
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-29 22:06

元気、元気!

ちび太も昨日の注射が効いたのか、時々くしゃみをしていますが食欲も普通に出てきてかなり回復しました。2匹ともカリカリをよく食べるようになってくれて、よかったよかった・・・ホッと一安心です。
d0010566_20221199.jpg

しかしですね!
ちび太が地面に寝転がった時、左前足の付け根の一部分がきれいに脱毛しているのを発見してしまったのです!!何だ??これは??
具合が悪かった時はずっと様子をまじかに見られなかったので体表面の変化には気付かなかったけど、何が原因でしょう???病気のストレス? 薬が合わない? 注射が合わなかった??そういえば、病院で注射をしてもらい家に帰った途端、くしゃみを連発してたけど何か関係あるのかな?ちょっと不安なのでお薬やめてみましょう・・か。
付け根なんでよくよく見ないと気付かない部分なんだけど、このままなんともなければいいんですけどね〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今日は日中暖かかったので2匹とも一日中庭のお気に入りの場所で日向ぼっこ。
ちび太も私の顔を見かけると近寄ってくるようになってすっかり普段の状態に戻ったみたいです。私もカメラ片手にちょこちょこ庭に出ていたせいか2匹ともいろんな場所でいろんな表情を見せてくれました。

ちび太もすっかり元気!
d0010566_20121989.jpg
こんなの目の前にしたら我慢できず・・・
d0010566_20151567.jpg


ピーは裏の家の前にある、ピー専用見張り小屋(?)の上でお日さまに当たってました。
d0010566_20205473.jpg
裏の家とお隣の旧公民館の間にはいろんなものが積まれているのですが、ここは赤ちゃん猫時代のこの子らと初めてご対面した場所。ここはピーのお気に入り爪とぎ場所のようです。
必死でガリガリやってる最中!
d0010566_2021950.jpg

[PR]
by kyos_cats | 2005-03-27 20:30

少し食欲でたみたい

d0010566_1881483.jpg
今朝はちび太がカリカリを食べたと母からの報告。
きのうの夕方も、薬を混ぜた缶詰には口を出さないかわりにカリカリに少し口を付けたちび太。食欲が出てきたのはいいことです。きのうの注射が効いたかな?

昼間は庭にある温室の中で日向ぼっこしていた彼女。
私が様子を見に近付くと、いつもみたいにおやつのおねだりのつもりか温室を出て私の前を歩き、勝手口まで先導しながら歩いていくんだけど、きのうの病院行きの為に捕まえられたのを警戒してすぐに庭に引き返してしまうちび太・・
今日は目やにも少しだけ出てたなぁ・・くしゃみがまだ出てるからね、本当は、もう2〜3回病院で注射を打ってもらいにいきたいんだけど・・その分頑張って薬飲ませないといけません。昨日に引き続いて夜中はまだちょっと冷えるから、猫のためにも早く暖かくなって欲しい限り。

猫用ミルクが切れたのでほんのり色を付ける程度に牛乳を薄めて暖めて、その中にシロップ(薬)を入れお薬を飲ませる。
目の前に容器を置いても自分からは飲まないので鼻にちょんちょん付けてあげる。
それをペロペロ舐めた後に、今日は珍しく飲んでくれた・・いつもこうなら楽なのにね〜。
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-26 18:35

本日のちび太&ピー

「もぅ最悪〜」・・とでも言いたげな表情のちび太。
d0010566_17572985.jpg

今日は父の車が使えたのでちび太を急きょ病院に連れて行ったんです。

昨晩は寒気が入り込んですごい雨風でさぞ寒かっただろうと、今日は両親が名古屋に出掛けたので1日ゆっくり家の中で寝かせてあげられると思ったのに、こういう日に限って家の中でじっとしててくれず外に出たがる始末・・なんでよ〜!
こちらは早朝に何と雪が舞ったのですよ、寒いのに外にいたいの??(_ _;)

くしゃみもしてるし・・息をしてても喉にタンが絡まったようだし・・餌も少ししか食べないし・・薬を混ぜると全く口つけないし・・・困った子です。
ちび太に満足な看病を・・というのもこの先難しそうだし、症状がひどくなるもの困るので病院で1本注射を打ってもらってこようと言うこと聞かないちび太を捕まえネットに入れ込んだのでした!
幸い熱もなく症状も思ったほど悪くなかったので筋肉注射を1本と粉薬を5日分。
口を開けて口内炎の検査もしてもらって、病院では大人しいもんでした・・さすが先生だね。

家に戻ってからは、騙された!・・と思ったのかどうか、呼んでも家の中に入ろうとしないんです。悪かったね・・ちび太。でも君のためなんだよ、ちょっとは楽になったでしょう?


一方、ピーはというと・・・

彼女はもうすっかり元気になりました(^_^)v
食欲のないちび太の薬入り缶詰までペロッと食べてしまう程食欲も出てきました。
暖かくなってうちの庭やお隣の庭の木の枝にいろんな鳥が来るのですが、彼女は鳥が来ると植木の中に身を潜めながらあとを追うのに必死です。結構大きめの鳥なので(どんな種類かは?)絶対捕まえられないとは思うんですけどね〜。
お天気のいい日の日中は、庭の中の陽のあたる場所を転々と移動しながらのんびりくつろいでいます。クロは居ないけど、彼女にとっての平凡な日常が戻ったみたいです。
d0010566_18265450.jpg

[PR]
by kyos_cats | 2005-03-25 18:38

本日も食欲なし・・

d0010566_1904872.jpg

d0010566_1911526.jpg今日のちび太です。

相変わらずご飯の時も何も口を付けてくれません。
喉にタンが詰まるような息もしてるし、まだくしゃみも出てるみたい・・まだまだ心配です。

ちび太はピーと違って裏の家の中では寝ないので両親が家にいない時に内緒でこうしてうちの中に入れてあげるのです。家の中は暖かくて心地いいのを知っているので母がキッチンにいないと自分から進んで入ってきます。やっぱりいつも外で寝ているので暖かい所で休みたいんでしょうね・・。

この子はピーの時みたいに裏の家の中で隔離して集中して薬も飲ませられないので、両親がモーニングコーヒーを飲みに行っているほんの1時間ほどですが家の中へ・・
そのまま両親が1日どこかに出かけてくれたら外に出さずに済むのに・・と思うのですが、結局またすぐ外に出さなくてはいけないのでちび太は相変わらず温水器の上に居なくてはならないのです。実は今日ちび太を家の外に出そうとした時、久々に引っ掻かれました。暖かい場所でこのまま眠っていたかったのでしょうね、両親が許さないので泣く泣く外に出さなくてはならないので、本当にすまないな・・と思います(泣)

ピーと一緒に2匹でくっ付いて裏の家の中で寝てくれれば、ホカロン敷いた毛布の中で暖かくしてあげられるのですが、メス同士・・そうこちらの都合では動いてくれません。
今晩はまた寒気が入ってくるそうで朝にかけて一段と冷え込むらしいのです。
今雨風がすごく強いんですけど、大丈夫かなぁ・・非常に心配。
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-24 19:46

その後の猫たち・・

<キジ猫のピー>
クロの風邪がうつり、クロが居なくなってしまったこともあって1週間以上食欲もなく元気もなく裏の家の中にあるベッドでじっとしていたピーでしたが、ひとり家の中にいてもストレスが溜まるだろうと暖かい日に外に出すようになったのがキッカケで少しずつ元気に動き食欲も出るようになりました。今はちゃんと勝手口までご飯をせびりにくるようになってカリカリもしっかり食べるようになったので一安心・・こうして勝手口の小屋根にも日なたぼっこに元気に飛び上がるようになりました。

看病が続いた後、この子には不思議なことが起こりました。
ピーは「ニャッ」と小さなかすれ声しか出ずほとんど鳴かなかった子なのですが、「ニャ〜」ときれいな声が出るようになりました。
おまけにふいに側に寄ると威嚇さえしていたのが、それが無くなり、おそるおそるでも撫でさせてくれるように・・。そして喉を撫でるとゴロゴロ声を出すようにもなりました。
この子にとってこれは大きな変化です。
もちろん今も近付くとささっと逃げてしまうのですが、名前を呼ぶと返事を返すようになり、こちらの顔を見るとニャ〜ニャ〜自分からよく鳴くようになったのです。
クロの一件と自分の看病後に、この子の心にどんな変化があったんでしょうか・・・
d0010566_17185976.jpg


<黒猫のちび太>
ピーが元気になってきた頃、今度はこの子が咳を頻繁にするようになりました。
19日あたりから食欲も全然ないようでほとんどエサを食べていません。
昼間は温水器の上にあがって夜までここで寝ています。
ピーと同じ薬をもらってきているので薬を飲ませたいのですが、飲ませるにも下に降りてくれないと無理なんです。ピーの時みたいに集中して手の届く場所で世話ができないのでかなり困ってます。昨日たまたま下に降りてきたので薬を飲ませた後捕まえ、裏の家に居させようと無理矢理連れていったんですけど、も〜フガフガ鼻息荒くして「出せ!」とエラク怒りました(笑)
裏の家は、クロとピーが一緒に寝るようになってから2匹の匂いしか付いていないのでもう完全に自分のテリトリーじゃないと思っているみたいなんで普段でも絶対裏の家の中には入ってこないんです。子猫時代からずっとクロはピーのパートナー猫だったので(ちび太のパートナー猫のキジ猫トラは早くに亡くなっちゃったので・・)、その焼きもちなのか、ピーとはうまく庭を住み分けてて、仲良し・・という感じではないのです(ケンカはしませんけどね)だから2匹のテリトリーの場所に自分が無理矢理入れられたのが相当嫌だったみたいです。
薬は時々しか飲ませられませんが多少咳もしなくなってきてるので、あとはちび太の自然治癒力に頼るしかないかなぁ・・でも本当に心配。
写真は温水器の上で連日だるそうにうずくまってばかりのちび太です
d0010566_17193240.jpg

[PR]
by kyos_cats | 2005-03-23 17:16

ちび太の様子(3/20〜22)

<3月20日のちび太>
だんだん具合が悪くなってきてるのか、温水器の上にずっと上がりっぱなしのちび太ですが、朝ここに居ません・・どこにいったんだ??

お昼近くになって姿を見せたので早速お薬!
大好きなかつお節にお薬シロップをしみ込ませたら成功!食べてくれました。


<3月21日のちび太>
朝はまた姿を見せず、お昼近くに温水器の上に。
名前を呼んでも全然降りようとしない・・夜まですっとここに。
エサも全然食べない(_ _;)・・困ったなぁ。


<3月22日のちび太>
今日は雨。
ちび太、朝から温水器の上に、しかも姿が見えないように奥の方にいる。
頻繁に様子を見にいくが降りてこようとしない・・。
お昼過ぎにようやく降りてくる。
缶詰を湯せんで暖めたら少し口を付ける。ミルクに薬を入れたら飲んでくれた。
食欲も元気もないなぁ・・咳は少ないけど、右目が涙目になってます。

雨だし寒いし・・と無理矢理ピーのベッドのある裏の家に入れたらめちゃ怒りました。
具合が悪くてもピーのテリトリーにはいたくないようだ・・昔、骨折した時に、君もこの中で大人しく看病されたっていうのに、忘れてしまったのかい?
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-22 18:23

あらためて落ち込んでしまった事・・・

この日、家の車を使うことができたので、咳をし始めたちび太用にピーと同じ飲み薬を貰いに動物病院に行きました。

クロが14日に亡くなったことを話した時、私は「あのまま点滴と注射を続けていたら助かっていましたか?」と先生に聞いたんです。
「今だから話せるけどあの子はもう無理だった・・」と私は先生に言ってほしかったんだと思う。何を犠牲にしても治療を受けさせてやってたらクロは死ななかった、あの子が死んだのは自分のせい・・と後ろめたい気持ちから解放されたかったんだと思う。

でも先生からそんな言葉は聞けなかった。
「多分、あのまま点滴を続けていたら助かったかも・・」と。
尿毒症はどんどん水分を補給して体の外に毒素を出してやらないといけないんです。
水をのまないからそのかわりになる点滴でした。
クロの体はどんどん毒素が溜まってしまいついに力尽きてしまった・・。

1日は元気になった姿をみて(このまま様子をみてみようか・・)と安心してしまった私のミス、もう1日はなぜか病院が臨時休診で点滴を受けさせてあげられなかった・・そのたった2日間点滴を受けられなかったことがクロの命取りになった。

「でも・・ね、野良ちゃんだから・・」
先生はそう付け加えたけど、失った命はどんなに後悔してももう帰ってこない。
飼い猫でも野良猫でも命の重さはみんな同じなのに。
あの愛すべきクロはもう私の前にはいない。

「きっと助かったかも・・」
先生の言葉に、この日以来また落ち込んでしまう管理人でした。

本日のピーの様子
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-19 22:29 | ★ 兄猫クロの看病日記

段々元気になってきたね

朝6時、ミルクを温め裏の家へ・・
ピーはもうベッドから出て部屋の隅にいました。
ゆっくり近付いて体を撫でる・・嫌がらずじっとしている。
驚いたことがあった。「ニャ〜」としっかりした声で2回鳴いたのだ。
もともとあまり鳴く子じゃなくて、鳴いてもかすれた声で「ニャッ」と消えそうな声しか出なかったのに・・・。
しかもすぐ逃げてしまう子が2〜3歩歩いて私の方に近付いてきた、これにも驚き。

世話を終えて、出入り口を開けてあげるとまっすぐに歩いていき外へ。
庭のマンホールに溜まった水を飲んでこちらを振り向き、また「ニャ〜」
ぐぅっと伸びの後いつもの自分の散歩コースに歩いていきました。

日中はずっと庭で日向ぼっこ。缶詰をレンジで暖め匂いを出すようにしたら3口くらい食べてくれました。

夜8時すぎ・・ベッドへ。
エサは食べてないけど、もう眠いみたい・・・。
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-18 17:33