■■ 庭猫日記

niwaneko.exblog.jp

庭育ち姉妹猫の日常。
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル

2005年 05月 26日 ( 1 )

ほんとは甘えたかった

ちょっと嬉しいことがありました。

夕ご飯の時間が近付いた頃、庭に出るといつものように猫たちが集まってきているのですが、この日まだちび太の姿がないとわかると、ピーは私から50cmくらい離れた場所でお腹を見せゴロンゴロンしたり、徐々に近付いてきたかと思うと背中や頭を大人しく触らせてくれました。
d0010566_4353389.jpg
ピーは気の弱さと臆病な性格が邪魔をしてか、オスのクロやちび太みたく自分から人に近付いてうまく甘えることができなかったのですね。
子猫時代から、クロやちび太が私に撫でられているのを少し離れた場所から遠目でじっと見ていましたから、本当はこの子もほかの子みたいにずっと甘えたかったんだな・・と思いました。

何せ庭で7年以上も暮らしているのに、この子の体や頭を満足に触れられたのはこの間(3月)のクロの風邪が移って看病した時が初めて。 喉を撫でればゴロゴロいってくれ、薬を注射器で口から大人しく飲んでくれた時はそれはもう感激しました。
それまでは近付くと即逃げるか、必ずシャー威嚇でしたからね(笑)
d0010566_436365.jpg
あの看病をきっかけに徐々に私たちに対する態度が変わってきたのも、ピーにとっては自分だけに向けられた人間の暖かさを、病気になって初めて感じ取ったのがキッカケだったのかも知れません。1対1でもっと触れあう時間があれば、さらに懐いてくれると思うのですけどね。

猫も人間と一緒で、気が強く自己主張してくる子もいれば、そういう子に遠慮して自分の感情を表に出さない子もいます。
相手から余計な嫉妬を買わないようにすることは自分を防御する手段でもあり、狭い猫社会のなかでうまくやっていく方法。でもやっぱりどんな子も愛情を欲してる。
まして野良猫は人が作り出したもの、人の愛情と保護が絶対に必要な生き物です。
d0010566_437104.jpg
この子を見ていると、この控え目さがほんといじらしく思う時があります。

温厚でのんびり屋だったオス猫クロが、庭で一緒に過ごすパートナー猫としてピーを選んでいた理由が何となくわかる管理人です(笑)


もっと素直に甘えていいよ  


里親さん募集しています
「野良にゃん写真集」 さまより(公園に置き捨てられた7匹の兄弟猫たち)
「野良にゃん写真集」 さまより(自動車のマフラーにくくられていた赤ちゃん猫)
「R&M」さまより(ほわほわ毛のシャムMIXちゃん)里親さん見つかりました!
「マロン商店」さまより(白猫ちゃん3匹にキジ猫ちゃん1匹)
1・2番は一時預かりさんも募集しています。どうぞよろしくお願いします


[PR]
by kyos_cats | 2005-05-26 05:08