■■ 庭猫日記

niwaneko.exblog.jp

庭育ち姉妹猫の日常。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル

ごめんね、クロ

d0010566_17153536.jpg
クロが14日の夕方に息を引き取りました。

夕方クロとピーが寝ている裏の家に、エサの準備とトイレの掃除、体温が低いので寒くてはいけないと毛布やフリースの隙間に何枚かのホカロンの準備をしている時、クロがもそもそ動いたかと思うと急に上半身を箱の外に出そうとバタつかせました。いつもならベッドの中では多少動くことはあっても、こんなに急にバタつかせる様なことなどなかったので、ちょっと変だな・・とそのままクロを抱き上げ、床の上に引いたフリースの上に寝かせました。

名前を読んでも呼びかけに対する反応はなく「はっ・・はっ・・」と間隔をあけた短い息・・あぁ、もしかしたらもう駄目かも知れない・・と思いながら、必死で冷えた体をさすり名前を呼んでいました。
初代クロの時、その最後は苦しそうに体を2回ほど突っ張らせ息絶えたのですが、このクロの場合は体を突っ張らせることも痙攣することもなく、次第に息が薄れていったようでスーッと知らぬ間に亡くなりました。反応があまりに静かだったので最初は死んじゃったのかどうか分からなかったのですが、お尻をみると尿が全部出きったようで畳が大きく濡れていたので(初代クロの時にも最後に尿が全部出ました)、あぁ・・本当に死んじゃったんだ・・と認識しました。

それでもまだほんのり暖かなクロの体をさすり、もう1回息をしてくれないか何度も名前を呼びましたが、もう彼は2度と動いてくれませんでした。

クロは体調が最悪だったにも関わらず、吐くときも、トイレも必ずベッドから出てきました。まるでピーが一緒に寝ているベットを汚さないように、中で粗相は一度もしませんでした。
ベットは扇風機の空箱で縦に長く、段ボールの上部に毛布を詰めてあるので、そこにたどり着くには階段かわりの箱を3つ昇らなくてはいけないのです。階段代わりの箱の高さはできるだけ低く工夫をしてあげてるものの、ヨロヨロの足取りにも関わらず最後まで昇り降りをしていました。
息を引き取る間際、私がベットまわりの世話をしている時を見計らうようにクロは外に出たいと体をバタつかせ、私はそんなただならぬクロの様子にベットから抱き上げ外に出してやった訳ですが、これも偶然かも知れませんが、もう自力では外に出られないクロが、私にここから出してくれと・・最後を悟っての要求だったのかも知れません。
息を引き取る間際、尿が出てしまい床を汚してしまったことも考えると、クロはそんなことはわからないでしょうが結果ピーの寝ているベットを自分の尿で汚して冷やすこともなかった訳ですから・・・。
ピーは相変わらず大人しくいい子で薬を飲んでくれます。でもクロがベットから居なくなってしまったので(あれ?)というような表情も・・クロの体温が亡くなって淋しくないようにホカロンを多めに入れてあげて今夜は暖かく寝かせてあげようと思いました。

鼻水を出しながらエサを食べてる姿は、今月に入ってずっと見ていたのでその時点で対処していればこんな重体になることもなく当たり前に助かった命だと思います。もし家の中で飼っている猫だったら即座に病院に連れていったことでしょう。
ですが、あくまで庭猫3匹は野良猫として扱いエサと家の世話だけは面倒を見る・・という親との約束だったので、こんなギリギリにならないと医者にも診せられなかった・・、いいえ本当は動物病院に連れて行くことさえ反対されていました。やはり両親(というか、母ですね)から治療に関しての協力は一切してくれず家の車さえ猫の通院には使わせてもらえなかったのです。野良猫にお金をかけるなんて無駄という両親の考えは変えようがありませんでした。
でも自分の庭内に住わせ毎日世話をしている猫が、目の前でひどく苦しんでいる姿を無視しこのまま放っておくことなんてとても私にはできません。私の独断で勝手に病院にも連れていきましたが家で飼う猫ちゃんのような満足な治療を受けさせてはあげられませんでした。何だかんだ言って私自身の力の無さのせいでクロを死なせてしまうんだと自分を責めたりして夜もほとんど眠れませんでした。

今はまだクロの亡骸は裏の家の中に布にくるんで箱にいれ寝かせてあります。
もしかして本当はまだ死んではいないんじゃないだろうか・・布にくるまれて苦しがってないかって思ったりもします。

母猫でもないのに子猫に自分のお乳を吸わせ世話をしていたお人好しのクロ。
おいしいものを貰えるまで延々と窓を見つめ外で待ってるような忍耐力と、憎めないとぼけキャラ・・
私たち人間には一度も歯を向けたことがない大人しい子でした。
そんなのんびりした気の優しいオスのクロは、あと2か月で8歳を迎える前に私たちの前から居なくなりました。
痛い治療をよく頑張ったね。生きさせてあげられなくて、ごめんねクロ。
[PR]
by kyos_cats | 2005-03-15 17:14 | ★ 兄猫クロの看病日記